前へ
次へ

審美歯科の利用方法も様々

初めての方やお子さん連れの方、状況やタイミングなどは審美歯科においては関係ありません。
もちろん、一般歯科での治療は、虫歯や歯周病などですから、タイミングが早いことは80歳で20本の歯を残すことからも大事です。
しかし、審美歯科は審美性を第一に掲げるクリニックです。
豊富な診療メニューがあれば、それによる設備機器を用意します。
口元を素敵に魅せたい方が気軽に相談できるように、オフィス街には比較的審美歯科が多く点在しています。
また、お子さん連れならば、歯みがきペーストの販売も行っており、なかなか治療に時間や手間が掛けられない子育て真っ只中という状況にも、セルフケアにて白さを保つ、取り戻すことが手軽にできる配慮がされています。
市販の歯磨き粉より細粒子で、歯を傷つけにくいペーストで、審美性を保つ方も少なくありません。
クリニックは治療のみを提案する場所ではありません。
このように、歯ブラシや歯磨き粉などのデンタルツール、アイテムの販売もありますし、セカンドオピニオンとしても利用ができます。

Page Top