前へ
次へ

見た目改善のための治療を行なう審美歯科

一般的な歯科での治療は虫歯や歯周病への対策が主ですが、審美歯科では口元の見た目を良くするための治療が行なわれます。
その内容は目的に合わせて多種多様で、歯の表面を改善するためには薬剤を使用したホワイトニングや、セラミックなどの被せ物があります。
抜けてしまった歯を人工歯で補うインプラントや、歯並びを良くするための矯正治療も基本的には含まれます。
そして一般的な歯科が他の治療とまとめて行なっている場合と、審美歯科を専門としている2パターンがあります。
そしてもし治療をする際に虫歯などの問題があって、まずはそちらを優先的に直さなければならない場合は、後者であれば別の医院と組み合わせることもあります。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren2set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

また審美歯科での治療には、健康保険が適用できないことがほとんどです。
あくまでも見た目を良くするための治療なので、最低限の機能性さえあれば問題ないという保険の考え方とは合っていないからです。
つまり保険を適用させたければ、インプラントを埋め込むような治療は入れ歯で、被せ物はセラミックではなくコストのかからない金属やプラスチックレジンを選択しましょうというわけです。
健康保険が適用できないということは、価格を自由に設定できるという意味でもあるので、医院しだいで大きく差が出る場合もあります。
そして治療内容との相性もあるので、高ければ仕上がりが最適になるとは限りません。
そのため複数のところに相談して、自分に合った治療方法を探した方が良いです。
また一見審美歯科の分野のように思えても、顎から歪んでしまっているような状態を改善するための矯正などであれば、保険が利く場合もあります。
なので一般的なレベルからさらに高みを目指すのではなく、何らかの理由で一般的なレベルに近づけなければならない場合はまず相談した方が良いでしょう。
ただ保険を適用させるための治療を行なうには認定が必要なので、一般の歯科で受けることになるかもしれません。

Page Top