前へ
次へ

審美歯科の素材は綺麗で安全

昔の虫歯治療では、アマルガムという銀歯、合金粉末などを練り上げた詰め物をすることで治療を行っていました。
このような治療方法では、自然な歯とは大きく異なるために、銀歯だ、金歯だ、とからかわれる原因となってしまうこともあります。
しかし審美歯科では、このような歯でも自然に近い素材を使って、綺麗に見せる治療方法などを行っています。
オールセラミックの素材であれば見た目や耐久性も抜群です。
セラミック以外に、ジルコニアというとても美しく強度の高い素材もあります。
以前使われていた金属製の素材では、金属アレルギーを引き起こす可能性がありました。
そのため原因不明のアトピーで悩まされる人もいて、色々調べてみるとこの銀歯が原因でアトピーになっていたことが分かった人もいるようです。
最近の審美歯科では、金属アレルギーの恐れがないセラミックやジルコニアなどを使って、見た目にも綺麗な治療を行っています。
自然の歯のように綺麗な治療を受けたいと考えている人は審美歯科の利用を考えてみましょう。

Page Top